読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月14日(日) 合気道4回目

 

今日は朝から合気道教室に行った。4/16から行き始めて、4回目。
いつも家で自主練をしていなくて、木曜日くらいから「あ〜忘れてそうだなやべー」となり少し憂鬱になる。

昨日寝るのも遅かったしさぼっちゃおうかなーと一瞬頭がよぎるけど行ってみるとやっぱり今日もめちゃくちゃ楽しかった。笑

 

最初は運足運動の動きの順番もよくわからず、足も手も重心も中心もできていなくてあわわってなったけど、そうゆう形がわかるようになって細やかな仕組みの理解に集中できるようになってきた。

私が教わっているのは日本合気道教会(富木合気道とも言うそう)。
合気道にはいろんな流派がある)
形の反復で身体で覚える稽古が多い合気道を体系化させた流派。
教わっている教室は身体と言葉でわかりやすく時代背景や身体の仕組みや実践のことを教えてくれる。

新しいことを習うのがすごくひさしぶりで新鮮。
(しかもこれまでスポーツもあまりしてこなかったのに武道を習うなんて!)
自分の中に入ってく、理解していく感覚がおもしろい。見よう見真似でやって覚えるのは苦手だけど、そこで疑問が一度湧いた状態で、仕組みを教わると理解できたり。言葉だけじゃなく、その技を先生にかけてもらうことで効果が実感できるし、こんなことができるようになるとワクワクする。
あと先生が楽しそうに教えてくれるのが私にはすごく良い。
先に習っている先輩たちもいろんな言葉で教えてくれるのが面白い。

 

あと新しい人に出会うのも嬉しい。
一度にたくさんの人に出会って、一回目では覚えられなかった名前を少しずつ覚えていく。でも初めは緊張した。
練習の時、手合わせしたり技をかけあったりして肌が触れるから少し親近感が湧くのかも。
週に一度の習い事。わくわくするなあ。

 

5月13日(土) 自分の軸

土曜日はひさしぶりに会う先輩と後輩ちゃんと夜ご飯。
元気そうで良かった。一人は父と同じくらいの年齢のおじさんで、相変わらずお茶目でチャーミングだった。その人の決め台詞みたいなのをひさしぶりに聞くと懐かしくて嬉しくなる。
父は私くらいの年齢の子と少人数でご飯に行ったりしてなさそう。行ったらきっと面白い。どんな話をしたのか聞きたいし、私もそれに混ざってみたりしたい。家じゃないところの父の様子を聞いてみたいと思ったりする。

 

珍しく三軒目まで行く。
三軒目のお店は地下にあって隠れ家みたいなバーだった。こうゆうところは一人だと絶対来ないところで、連れてきてもらうと大人なところだなあと思う。


スタッフさんは意外に若い人が多くて(大学生〜25歳とか)、スタッフみんなが仲良くて仕事を楽しんでるのが伝わってきた。そうゆうチームに触れると元気をもらう。

昨夜はひさしぶりに会う先輩や後輩ちゃんと夜ご飯に行った。仕事終わりに三軒目まで。

三軒目で、やっと素を出して話ができた気がする。大勢になると共通の話題をしがちだけど、本当はその人の個人的な部分を聞けたら、私は嬉しくなる。


自己分析の話になる。他人に自分についての印象を言ってもらうと良いということでその場で教えてもらう。その中で、「いろんなことに興味はあるけど軸がない」と言われた。
軸ってなんだろうと思った。
私がやりたいこと・・・今は、「デザインを通して地域創生に携わること」と言ってる。それは軸なのか。本音なのか。
本当のことを言うと私は好きな人たちと働きたいという気持ちがある。
素直で誠実な人たちとやわらかく変わっていけたらと思う。
それは軸になる?と聞いたら、それは軸ではないと。
デザインも好きな人と働くのも、手段なんだ。
軸とは理念のことだった。大変なことがあっても、喧嘩しても、その理念の想いに立ち返れば何度でもやりなおせる指針のこと。
確かに、前に一緒に地域創生のようなことをやっていたとき、理念が無かった。
最初はイベントを目標にやっていて、「身体で感じることを取り戻す」というような指針があった。でもイベントが終わった後は、ここで好きなことをしていいと言われ、頭の固い私は疑問ばかりで、何のためにやっているのか誰が喜ぶのかが分からないとがんばれなかった。最終的にメンバーに迷惑をかけて辞めた。
だから軸の大切さには納得がいった。

私の軸って何になるんだろう。
それは自分の中にあるものから出すしかない気がする。
あるものの中から誰かの役に立つこと、喜んでもらえること。

 

前に星野源のエッセイ(そして生活はつづく)を読んで感動したところがある。

「自分探しをするからだめなんだ、自分無くしをするといい」
うる覚え
みたいなことが書いてあって、ああこれだとなった。
瞑想にも近い気がする。

人の役に立ちたいということを偽善者のように言う人がいるけれど、自分のためだけにがんばることの方がきっと難しいと思う。

私も自分の部屋にこもりっきりだとなんとなく不安になったり寂しい気持ちになるけど、友達が何かピンチだと知ったりすると行かねば!!となって自分どころではなくなって、元気というかパワーが湧いてくる。

 

自分の軸。うーん。探ってみよう。

5月8日 GW最終日

f:id:kinari15:20170508000731p:plain

 

3年くらい使っていたリュックが壊れたので、これを機に新しいのを買おうと思い街に出る。

色んなお店を見てみて、MILESTO(https://milesto.jp)のメッセンジャーバッグを買った。

サイズ感と、どこに持っていくのにも馴染みそうなデザインと素材と、磁石で留める感触が気持ち良かったのが決め手で購入。

赤の差し色がチョロっとしてるのがかわいい。

初めて知ったブランドで、旅をコンセプトにしているよう。バッグ以外にも化粧品も販売していて幅広さが面白かった。また今度ゆっくり見てみたいな。

 

気づけばお気に入りのものは青やネイビーだらけや。前は柄物やカラフルなものが好きだったけど、最近は無地の青が好きになってる。

 

 

 

夜は人と会う予定で、

それまでSEATTLE'S BEST COFFEE(http://www.seabest.co.jp)で

私はコーヒーの種類がわからなくていつも適当に頼むけど、わかるようになりたいな。

キャラメルラテとクリームチョコのケーキを頼む。

店内は仕事してる人も多かったので、テラスで食べる。のんびりできて良かった。5月の心地よい風。

 

 

夜は台湾料理を食べる。

先輩夫婦と後輩ちゃんと。初めて旦那さんとゆっくり話せて嬉しい。先輩は前に会ったときより旦那さんと一緒の方がリラックスしているような気がしてなんだかほっこりした。

夫婦ぐるみでごはんできるのは嬉しいなあ。

明日からの仕事もがんばれそう。

5月4日 ホームページを作った

3時ごろまで眠れず、眠るのは諦めてホットケーキを焼く。

昨日餃子を鍋にくっついた反省があったので鍋が温まるのを待つ。

(フライパンを家に置いてきてしまったので鍋で代用している)

バターを転がしたけど、多かったので余った分を別の容器に入れる。

一枚焼き終えると液状になったバターを鍋に少しそそぐ。

 

今回使ったホットケーキ粉は人から頂いたもの。九州パンケーキ

同じものを蔦屋書店のレジ横に置いてあるのを見かける。

計量カップが無かったので、生地のトロトロ度を見ながら牛乳を入れたらうまくいった。

なんだかアースカラーのような絵に描いた色じゃない生地の色。優しそう。

 

焼いていく。

ホットケーキは表面にプツプツが出てきたらひっくり返し時

というのを思い出して、その通りにする。いい感じの焼き色だった。

鍋はひっくり返しにくいけど、菜箸で端を少し持ち上げてから

ヘラを使うときれいに返せた。

 

つまみ食いをしてると食感がもっちりしていて、昔よく食べたパンケーキとは少しちがう感じがしておもしろい。

こっちも好きかも。バターや目玉焼きを乗せて食べる。

 

昨日から作業していたwebを少し進めるけど疲れて布団に入る。

5時くらいに寝たのかな。

 

布団には先にのんさんが眠っていて、眠っている人はおもしろくて、一緒に眠る(隣に人がいることを起きているときから認識した状態で眠る)のと、どちらかが先に寝る(眠るときは隣に人がいない状態で、後で入ってくる)とでは寝ぼけ方がちがう。

一緒に眠ると問題ないんだけど、後で入れてもらうと認識されていないので、起こさないようにと無言で入るとはねられたりする。

「入れてー」と声をかけると「ん?ん?」て反応を返してくれて、触ったりすると認識されたようで、自分の体を端に避けてスペースを作ってくれたりする。

本人が起きているときにそのことについて聞いてみたが、記憶も意識もないらしい。

寝てるときに話かけても通じない人もいるし、のんさんみたいな反応をする人もいるんだなあ。

私はひたすら寝ているらしい。

 

そんなことをおもしろく感じながら寝て、8時くらいに目が覚める。

 

ホットケーキを食べて、webのつづきをする。

演習をなぞりながらだから完全な理解はできていないけど、なんとか完成する。

最近合気道を習い始めて、「習う」「勉強する」ときの自分の理解への経過や理解度を考えたりする。

一度にたくさんのことを指摘されたり考えると混乱するけど、それは良いことで、それを後に一つ一つに分けて解決していくことが大事な気がする。

今はwebもわからないところがあるけど、「どの部分が」わからないのかをはっきりさせるのが一歩のような。

振り返りをするぞ。

 

12時ごろに完成して、それから夕方までだらだらと過ごす。

webの演習で作ったサイトを自分用に書き換えたり、レンタルサーバーを借りたり。

途中買い出しに行って、ついでにアイスも買って食べる。

のんさんは部屋の大掃除をしていて、とても綺麗になった。

視界のストレスが減ると楽になる。ありがとう〜〜

 

夜はお寿司を食べに行った。

携帯で予約をして行ったのであまり待たずに席にありつけた。

人がたくさんいて、バイトの人は外人さんが多かった。

この辺りでバイトをすることになったら外人さんと働くようになるんだなと。

会社で働くよりバイトの方が外人さんと接する機会はあるんだろうな。

コンビニとかは細々な仕事があるのに働けている外人さんは

とても頭が良いのだと思う。

英語習得の必要性などを思う。

 

 

 

夕方におやつを食べたこともあり少しだけの食事になり、

帰宅して片付いた部屋ですぐに眠る。 

経過 01

ここ2〜3年の自分の経過

 

f:id:kinari15:20170222125733j:plain

 

 

 この経過の中の気づきで特に大切にしたいと思うのは、

【06 病み期〜07 元気】(韻をふんでる)で気づいた

⚫︎自分の軸を持つこと

⚫︎状況や感情を自分の観念で捻じ曲げず、素直に認めること

でした。

 

根っこがしっかりしていなくても、それなりに生活していけるけれど

しっかりしておけば、どこかで挫けても良く捉えて立ち上がれる。

 

 

農業を生業にしている方から「土が大事」だと聞いて

ずっとそれが印象に残っていたけれど

人間も同じで土や根っこ、軸が大事なのだと気づきました。

 

f:id:kinari15:20170224144027j:plain

 

 

そして、外側の世界からの刺激をそのままに捉えて認めること。

これを植物に例えると、水分や日光を取り入れることかもしれません。

 

 

 

この答えにいきつくまでのことを自分の中で整理したいのだけど、

なかなかうまくいかないので、この経過を振り返ってみます。

そのときどきの気づきを一緒に書けたら。

 

 ***

 

【01 大学時代〜 03 会社入社期】

 大学を卒業して新卒でとある会社に入社。

入って感じた少しの違和感。見ないようにしてたけど日増しに気づく。

最初は私が変えてやるー!くらいの気持ちで明るく過ごしていたけれど、

根強い問題だと知る。

新人の私でもびっくりするような行き当たりばったりな働き方。

諦めきってヘラヘラ笑ってのろのろと働く会社の人のことが尊敬できなくて、

毎日悶々とする。

そのうち、この人達と一緒に笑って同じように染まるのは嫌だと思い、

会社で笑わなくなる。

 

大学の頃、周りにいた大人の人たちは、とてもかっこよかった。

一つ歳上の先輩も、憧れるところがたくさんあった。

今思えば、学生と一緒にプロジェクトをやろうと関わってくれる人というのは

とても懐が深い人じゃないとやらない発想だと思う。

大人って楽しいよって二カッと笑ってくれた。

悩んだとき、あの人ならどうするだろうと想像するとシャンとしていられた。

尊敬できる人と働きたい。

外側に問題を求めてばかりいた。

 

大きな柱

[ここに書きたいこと]

⚫︎自分の気づき、気づきまでの経過

⚫︎人に教わったこと

⚫︎助けになった本や記事


[書きたいキーワード]

---気づき

---整理すること

---元気になるまで

---大和心


[書く目的]

自分のための記録、あと、誰かが私と同じようなとき、ヒントになったらいいなと思います


[これからやってみたいこと]

---ごはん、暮らし

---身体で実践すること




私が書かずとも色んなことを書いてくれている人がたくさんいる。

ただ、私の生きる今の時代や社会、今の環境、今の考え方は今だけのもので。そしてどんどんそれを忘れていく。

だから今の気持ちを書こうと思います。らららー



f:id:kinari15:20170219125335j:plain


ブログを書く。

  1. ブログとは。

    weblog (=ウェブ上の記録)から。 blog
     
    らしい。
    記録は後で役に立つ。
     
     
     
    平成29年2月3日、節分。先勝。
    自分の関心のあることを探ってみる。
     
    デザイン、動物、健康、日本の精神、気づきなど。
    働き方、自分の頭・情報の整理の仕方、伝わる技術
     
    将来はフリーで働けるようになって、
    素敵な人たちと仕事をしたりご飯を食べたりしたい。
    自分をしっかりと持ちたいというのが目標です。
     
    面白がりながら変わっていきたい。
    どうぞよろしくです!